人気ブログランキング |

2008年 03月 14日 ( 1 )

rhubarb

rhubarbというのは日本名だと大黄というらしいです
「フキ」と同じような感じの野菜でフランスでは夏にフレッシュが出回ってました
よく見かけるのは赤い色をしていて、生で食べるとちょー酸っぱい
生食用ではありません。とんでもない目に遭います(←あった)
火を入れると甘みが出るため海外ではジャムやお菓子に使われます

コルマールにいた夏、rhubarbのタルトを作っていて
火を入れることによって生まれる甘みと独特の香り、鮮烈な酸味がとても印象的でした
ちなみに毎日焼くアルザスの果物をふんだんに使ったタルトは私の日々の仕事でした
日本ではなかなか見かけません
以前長野でバイトしたときにフレッシュを見かけて驚きましたが、大阪では見たことないです。皆さん見かけたことありますか?

さて、何を長々書いてるかというと
rhubarb。カタカナだと何だ?
冷凍のrhubarbを手に入れたので、コルマールの頃のようにタルトを作るのですが
値札を書くときにrhubarbをカタカナに直さないといけません
私が学校で知った頃「ルバーブ」と呼ばれてましたが、最近「リュバーブ」もあります
リュバーブの方が発音しやすい気がする。
でもルバーブの方が正しい気がする。どっち?
どっちでもいい?

日曜日の仏語レッスンのときに確かめて値札を書くことにします。
どっちが言いやすいのかなぁ
by pooh-gamo4 | 2008-03-14 21:07 | Trackback