人気ブログランキング |

<   2006年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

前日に書いた通りコートをクリーニングに出してきました
19ユーロ。つらいなぁ
昨日しみを取るためにかなり努力をしたので、今日の段階では少し薄れていました
クリーニング屋さんには一応シミの部分を見せて「こけたの」と言ったつもりなのですが分かってくれたかいまいち心配です。
こういう時フランス人は私のフランス語の様に信用ならないからな。。
19ユーロ分の仕事はしてほしいです

そして今日は久しぶりに仲間の女の子Iちゃんと会いました
ボン・マルシェの中にあるデリカバーというカフェで食事
23ユーロ。高かったぁ。
味は普通でした。お洒落な雰囲気ですがデパートの一角という立地から客層が様々で入りやすいです
普段一人の時は食事はおろかカフェにすら入らないような生活です
その後Iちゃんの家を見せてもらいました
セッコやルノートルがあり食べるには困らない便利な場所で
私この付近住んでみたかったのよねぇ〜うらやましい。。
以前は15区辺りに住んでいたのにいつの間にか私の職場の近くに住んでてびっくり
お喋りしていたら、南仏にいたパティシエはもうパリで研修中らしいとか
キュイジニエの男の子が12月に帰国らしいとか
19歳パティシエの2人は成人式のために研修を終了し帰国らしいとか(そんな!)
キュイジニエの3人は後半パリらしい(二人は既にパリにいる)とか

皆いい子なのですが、歳のはなれた私がいると気を使ってくれるみたいで気の毒。
一人が好きってのもあって、他の研修仲間とは遊んだり連絡を取り合うことはありませんでしたが。そうなのか。。
私はパリじゃなく世界の果てにいたのですね。知らないことばっかり〜
by pooh-gamo4 | 2006-11-30 03:01 | フランスのはなし | Trackback

こけた

明日が突然休みになり、帰りはどこかで遊んで帰ろうと思いつつバスを降りて歩道の植木の所の土(雨上がり)ですべり。ずるっ
今さら転んで恥ずかしいことは無かったのですが、洗ったばかりのジーパンとこれからの季節一日でも無いと風邪引くであろうコートの裾を泥まみれにしました。ついでに布の袋とスニーカーも
帰りのバスでは色んな人にじろじろ見られました
夜遊びもおじゃん。コートは明日クリーニングに出します
フランスに来てからよく転ぶようになった

日本から送られて来たDVD「暗くなるまで待って」をみました
色々映画やテレビ番組を録画してもらっているのですが、何枚かは頼んでいない趣味とは全く違うDVDが届きます。いつもありがとう。(私信)
日本にいたなら絶対見ないであろうオードリーヘップバーンの映画
しかし、「暗くなるまで待って」がなかなか面白かったのです
知らずに麻薬を詰めた人形を持って帰るオードリー(スージー)の夫、その夫が留守の間、妻盲目のスージーのもとに麻薬を取りかえすために3人の男が一人は夫の友人、一人は刑事、一人は夫の浮気相手の旦那を演じて訪ねてきます
この3人は何とか目の見えないスージーをたぶらかして人形の在り処を喋らせようとします
うるさいながらもスージーは聡明で、自分のハンデを逆手に取る手法を取るのですが
このクライマックスは見物でした。昔の映画を侮ってはいけない
暗闇で息を殺す様な場面が続き、最後に心臓に来るクライマックスです。ビクッとした〜
最後に光が灯り、ようやく息を吐く
そして最後の最後でも優しくない旦那。やな奴だな

私は主人公がヘップバーンでない方が良かったんじゃないかなぁと思います。
始終ギャーギャーわめいてうるさい。本当に「黙れよっ」と何度も思いました
ヘップバーンの出来過ぎ加減にも入り込めない。彼女の持つ少女っぽさも「悲劇のヒロイン」な雰囲気も(現実の彼女は聡明で強くてカッコイイですがこの映画ではね。。)
私の捻くれた可愛くない皮肉屋な部分をものすごく刺激するのです
ごめんね。ヘップバーンが悪いんじゃなく私が悪いの

それを差し引いても面白かったです。おすすめ
空港のセキュリティーが甘いのも昔っぽかった!
by pooh-gamo4 | 2006-11-29 07:35 | フランスのはなし | Trackback

vin chaudを作った

「冬にはvin chaud(ホットワイン)」あこがれです
ワインは飲めません。というかアルコールがいっさいダメです
それでも冬はヴァン・ショーだろ!
と言うことで、ネットで調べて作ってみました

私の場合は赤ワイン、オレンジのスライス、はちみつ、シナモン、クローブ、カルダモンを入れて温めました
他のサイトでは水を同量入れると言うのもありました。色々ですね
私はアルコールがダメなのでお湯割りです。
ポイントはアルコールを飛ばさないよう、沸騰させないようにすることの様ですが、私はやや飛ばし気味に。
それでも酔うのですが。。
なかなか美味しいのでおすすめです。
ホッとワイン用のワインもあるらしいので次の機会に探してみようと思います

ヴァン・ショーのせいで、夜教会のコンサートに行くはずだったのに寝過ごしました!
モーツァルトのレクイエムだったのに!!
by pooh-gamo4 | 2006-11-26 07:52 | フランスのはなし | Trackback

bond..James Bond

タダ働きがはなはだ理不尽に感じる、超忙しい毎日
こんばんわ〜!!!

映画をみました。久しぶりデス2か月ぶりくらいです
007カジノロワイヤル
007シリーズはピアース・ブロズナンシリーズは全部みてます。昔のショーンコネリーのは一作みましたが、名前が思い出せません
私はピアースブロズナンのボンドが結構好きでした。古くさい二枚目で薄っぺら(体型が)で、タキシードでもどこか安っぽく、スマートで滑稽なイメージです
ファンの人ごめんなさい。。。
ピアースはいかにも私の思い描くようなボンドでした。前時代的な二枚目ですよねぇ

今回のカジノロワイヤルはジェームズ・ボンドの馴初め映画なのですね
最初からずーっとらしくないボンドにすごく違和感があったのですが、
最後で納得しました。
が、始終「どこの旅行会社やねんっ!」と言う映像で
特に爆笑だったのは”ビキニの女が砂浜の水際を白馬にまたがって駆ける”
  ありえない
後のポイントとしては(以下反転)
・冒頭付近の逃走劇での悪役黒人の身体能力の高さ。同じ人間とは思えない。すげ〜!そして今一ついていけないボンド
・拷問シーン。ドM(ボンド)vs超S(悪役)このシーンは館内笑いの渦でした。変すぎる!(笑)凄惨なシーンには絶対見えません
・オープニングの音楽、映像
・色んな所で間抜けちゃんなボンド


悪役のマッツ・ミケルセン氏がすてきでした。(本命)
つーか、何で髪型が一九分けなの。
by pooh-gamo4 | 2006-11-24 07:05 | 個人的な雑記 | Trackback

portes ouvrer

どうも私の住んでいる地域でアートイベントが開かれているようです
PORTES OUVRE スペル間違っているかも
開いた扉というか、ドアを開けるというか、そんなのです
一般の店舗とか、事務所とか、普通のアパルトマンとかのドアを開放して
小さなギャラリーにしてるのです
対象の店舗、家などの前にはポスターと真っ赤な布が吊るされ、それが目印になってます
私が住んでいる通りにも3軒ほどありましたよ。

d0066821_962082.jpg
これはいつもは店舗なのに突然ギャラリーになってます
今日も通ったら人が入ってました
目当てにめぐっている人も多いようです



d0066821_972344.jpg

これは普通のアパルトマンです。右端が郵便受けです
普段はどのアパルトマンも閉まってます。当たり前
ここは無人スペースみたいだったけど、大丈夫なんでしょうか。
盗まれないのかな〜

普段前々関係ないお店が突然ギャラりーんなってたりでびっくりしましたが、アパルトマンのエントランスをギャラリーになるとは考えもしませんでした。
普段入らない所とか、知らないアパルトマンの扉が開いていて、勝手に入っていくとちょっと変わったギャラリーになっているなんてすてきです。
モンマルトル付近は小さい路地が迷路の様にぐねぐねとある地域で、すっごく安いTATIみたいな庶民的な店と、個性的な個人店舗がごちゃごちゃ入り乱れている所です
こんなイベントにはぴったり。明日少しご近所を廻ってみようと思います
by pooh-gamo4 | 2006-11-19 09:14 | フランスのはなし | Trackback

アビアント ノエル

あ〜今週はしんどかった
「アビアント ノエル(もうすぐクリスマス)」と言う言葉が職場のあちこちから聞こえてくるようになりました。とっても忙しくて、へとへとです
大阪では一人で働いていました。コルマールでは大体4人(最大7人)
今日は11人いました。人疲れした〜
「これ(持っていって)いい?」「ここに置いていい?」「ごめん!」「失礼〜」「あぶないよ〜」「ここ使っていい?」「ここ開けたいんだけど。。」「すぐっすぐ終わる!!」「急ぎます!」「大丈夫?失礼」「それ私っ(すいません)」「こんちは〜」「さよなら〜」
こんなのばっかり。狭い厨房人だらけ。でも仕事は片付かない〜!きぃ〜
日に日に皆の気が立って来ているような。。←私もです

朝始発電車で仕事に行き、夕方まっすぐ家に帰り、休みは寝ていると言う状態ではクリスマスも蜂の頭もあったもんじゃないですが、私が働いている間にもパリは着々とノエル(クリスマス)の準備を始めているようです
街全体がクリスマスと言うわけではないですが、大型店舗ではノエルのイルミネーションが始まってました。
d0066821_734555.jpg
オペラ座にあるプランタンのイルミネーション
お隣のラファイエットより早くから点灯していました。でも、ショーウィンドウはまだ通常モードです。
暖色の電球なので全体にオレンジっぽく見えます


d0066821_763049.jpg
提灯。。。


d0066821_771016.jpg
ギャラリーラファイエットのイルミネーション
オペラ座の裏手にメゾン館、グルメ・メンズ館、本館と3つの建物にわかれてあり、それぞれ建物を覆うようにびっしりイルミネーションがはり巡らせてあります。私同様写真を撮る人がとても多いです
ミニ・神戸ルミナリエみたい




d0066821_7185364.jpg

そして今日はラファイエット・グルメの中にあるサダハル・アオキでタルトタタン(ホール・12cmくらい)とレモンのパウンドケーキを買いました。
ご覧の通りかなりしっかり飴色に焼かれたタタンです。タタンはあまりキャラメルをきつく入れると林檎よりキャラメルの苦みばかり出てしまいますが、このタタンはとっても美味しかったです
苦みより、甘みのをより感じるキャラメルで林檎とよくマッチしていました。
私の作るタタンは林檎を焼いてしまってから、別に焼いたパイにのせる方法ですが、アオキのタタンは林檎を焼く時にパイを一緒に乗せて焼くみたいです。(こっちの方が伝統的だと思いますが、私は焼き上がって、持って帰って食べる時間が気になるのと、やはり日本は湿度が高い点が気になるので別にパイをしっかり焼いてから乗せています)
とは言え、パイが林檎の水分を吸い過ぎていることも無く。
バランスもよく美味しかったです
私はサダハルアオキのまさに「和洋折衷」と言う感じがすきです
フランスのテイストをしっかり感じさせながら、日本人の味覚も忘れてない感じ
とてもなじみやすく、食べやすいです。→ぺろっと食べちゃいました〜

後は、メゾン・カイザーでバゲット・ビオ・セザム、パン・オ・ショコラ、チョコチップのパン


食べ過ぎですか。そうですか。。
by pooh-gamo4 | 2006-11-18 07:15 | フランスのはなし | Trackback
ピエールエルメに行ってきました。
私は何度食べてもピエールエルメのお菓子が分からないのです。しかしパリに来て、ピエールエルメに行かないわけには!(東京にもアルヨ。と言うツッコミは却下)
あそこは斬新なケーキが多くて、どうしてもそっちの方に目がいってしまいがちなのですが、
今日はフランとミルフィーユ(バニラ)という超オーソドックスな組み合わせで
「複雑なケーキばっかり作って客をけむに巻いとるんじゃないだろうか?小細工の効かないお菓子はちゃんと作れるのかね?ピエール君?」
という、少々いじわるな気持ちでした

フラン(フラン・インディヴィデュアルとか言う名前だった。舌噛む。。)は美味しかったです
値段も高いので、べた褒め出来るかと言うと微妙ですが、固くなく、クリーミーで、なおかつフランらしい卵っぽい味もして大変美味しかった
ミルフィーユも然りで、パイもしっかり焼いてあって
好みとしては、クリームの味がもう少し強くてもいいと思ったのですが、とても丁寧で美味しかったです。

後、本も買いました。
(職場の日本人の先輩が「どんな本でも一冊訳すといいよ」とアドバイスしてくれたので、いっそピエールエルメで。と思いまして。パリにいる間に訳しきってしまいたい)
邦訳されてあるエルメの本は確かまだ1冊だけだったと思いますが、フランスでは7、8冊は出ています
彼のケーキの味については全面的に賛同できない、というか解らないのですが、彼の食いしん坊ぶりには大いに敬意を払い、面白い、なるほどと唸ることが多いです
「○○はこうだからここでバターは●●で使わずに■■で使う方がおいしい」など
普段漠然と食べている物を彼はここまで考えていたのか。
素材や作り方に対する「考え方」には目から鱗でした
もちろん、必ずしも同じ考えにはなりませんでしたが。
by pooh-gamo4 | 2006-11-11 02:50 | フランスのはなし | Trackback

本が届いた

本が届きました。
アリステア・マクリーンのHMS ULYSSES
邦題が「女王陛下のユリシーズ号」と言います。
この本は数ある私のマイフェイバリット本の中でも上位に来る物で、フランスにも持って来てい手、何度も何度も読んでいます
英語は読めませんが、原書をみてみたくて、探していた本です
アマゾンのUKでは見つからなかったんですが、何故か、フランスのアマゾンで手に入りました。(マーケットプレイスです)

すり切れる位に読んでいる本なので、英語と言えどもちょっと見ただけで分かりますとも
ヴァイチュラ(vytura)炎上のしーんとか
クライスラー(興奮)がコンドル10機を見つけた時のターナー(不信感ありあり)とのやり取りとか
[Can't see a thing! Are you sure,boy?]とか言ってますが。
↑このシーンとってもすき〜

もう最高です。萌え
女性が全然出てきません。出て来ても名前くらいしか登場シーンが無い
戦争の小説ですが、とてもドライに書かれています
男性的な硬めの文章で最初は読みにくいかもしれませんが、私にはこの硬質な感じが反って後半の盛上りで胸を打つと思うのです
お勧め図書ですよ!絶対絶対面白いです
by pooh-gamo4 | 2006-11-09 03:12 | 個人的な雑記 | Trackback

冬になった

寒くなったなぁと思っていたら、冬になってました。
今日外に出たら、すっかり冬の匂い。冬の匂いが大好きです
知らなかったのは私だけの様で、町を歩いている人はすっかり冬の装いなのに、私だけ秋の薄手の服で、とても寒かったですよ

赤いブランケットを買ってくるまってます。寒いよ〜

立て続けに(ッて2枚だけですが)アマゾンで買ったCDが届きました
郵便ポストに入ってました。危険です
うちのポストには鍵がありません。危険
by pooh-gamo4 | 2006-11-07 00:42 | フランスのはなし | Trackback

Rose Bakery

疲れが溜まっていたので、昨日今日とだらだらと家で過ごしていたのですが、
以前から行ってみたかったお菓子屋さんが家の近くだったので、散歩がてら行ってきました

Rose Bakery
46,rue des Martyrs 75009

イギリスのお菓子とbio(オーガニックと訳して良いのか?)のカフェです。野菜とか、食材も少し置いてました。
私はお菓子買っただけですが、中のカフェはかなり混んでました。日曜日の2時過ぎだと言うのに!
ここがとても美味しかったので、ご紹介します

d0066821_3405050.jpg
Gateau aux carottes
キャロットケーキ
背の高い筒状に焼かれていて、上にクリームチーズのグレーズみたいな物がかかっています
大きめの蓋付きの紙コップを逆さにした様な入れ物に入れてくれます。かわいいです。グッドデザイン賞!
そしてとても美味しい!
ほろっと脆いようで、とてもしっとりしているし、上のグレーズはくどくなく、さっぱりミルキー
確かにクリームチーズっぽい風味なのですが、クリームチーズってこんなに軽い味じゃない気がします。何なのでしょうか?とにかくとても美味しいです



d0066821_347133.jpg
スコーンが食べたかったのです。フランスあんまりスコーンないし。
そしてスコーンもおいしいよ!
マリアージュ・フレールのより好みです。
ここの方が、もう少し軽めです
ただ、ちょっとベーキングパウダーが多いと思う
まぁ、もともとスコーンにはたくさんベーキングパウダーを入れるのですが、
入れ過ぎると喉の奥に辛味というか、渋味のようなのが残るのです
ちょっと残念です。今日たまたまなのかもね
ちなみに写真はレーズン(左)、生姜(推定、右)

後、量り売りのパウンドケーキを買ったのに
おっちゃん入れ忘れてるよ!!!!
残念。


この通りにはお菓子屋さんがとても多くて驚きました。
また行こうッと
by pooh-gamo4 | 2006-11-06 03:55 | フランスのはなし | Trackback(1)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30